×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

能美防災とは

能美防災はその名の通り防災システムを提供する会社である。能美防災の防災システムは、自動火災報知設備、消化設備などを中心としている。能美防災の防災システムの提供先は、個人住宅のほか、ビル、船、文化財など多岐にわたる各種施設となっている。近年、防災ニーズは高まっており、その範囲は多様化、高度化するなかで能美防災は拡大を続けており、今後の活動も期待されるところである。
能美防災の主な防災設備火災報知設備、消化設備、ガス漏れ警報設備、火災予兆検知設備など。能美防災のアプリケーションは、ビル、地下街防災システム、集合住宅システム、文化財・建物防災システム、トンネル防災システムなどなど。 能美防災は、防災システムの提供のみならず、研究開発、規格、製造、設計、施工、メンテナンスまで一貫して行ってくれる。
現代人はなかなか忙しいですが、運動不足と感じたら、たとえ運動する時間がなくても工夫すれば、運動不足解消できます。
風邪予防運動レシピとして、まず、深呼吸をしましょう。そして、体の柔軟体操、ストレッチをするよう心がけましょう。
一日にする量が少なくてもとにかく毎日続けること。地道な努力が、いざというとき役に立ちます。

スポンサードリンク

能美防災の防災システム

能美防災は全国の火災報知機のシェアをかなりの割合で占めている。能美防災は、火災報知機の独占4社に入っていると言われている。
。能美防災の提供する火災報知機に‘まもるくん’というものがある。住宅用火災警報器の設置が義務化については、新規の住宅で平成18年6月1日より施行、既存の住宅では、各市町村の火災予防条例により定められている日までに設置しなければならない。一般の住宅でも火災報知機のニーズが高まる中、能美防災は各種のサービスを展開している。能美防災では、防災システムの開発に余念がない。能美防災会社内に多様な実験施設を設けており、各種の実験を繰り返し行っている。能美防災では、最新のコンピューターやロボットのシステムより個々のパーツから一貫生産がおこなわれている。

能美防災の株価

能美防災は、全国防災システム最大手。近年建設業界の影響を大きく受け、また、消防法改正は追い風になっており消防法改正特需で増額含み、能美防災の財務体質は好調である。2006年に大手防災システム会社セコムの傘下に入り、株価は上がっている。能美防災は、2008年3月期の予想で増額着地、大幅増益に転じる見込み。通期見通しも期初予想を増額し、中間期の増額幅に比べて過小で期中増額を含んでいる。能美防災は消防法改正後住宅への火災警報器設置需要が大幅に荘大氏、最新需要も収益が押し上げられた。能美防災は、生産ライン増強に伴うコストダウン効果も見通しており、改正特需は来期も持続すると見られている。能美防災の株価は、上げ足に弾みをつけている。

Copyright © 2007 能美防災にみる、防災システムの今後